◆幼少のお子様に『音楽お楽しみコース』

●●

聴覚が著しい発達をするこの時期は、まず、色々な音楽を聴く事からはじめ〔弾く〕より〔歌う〕を優先します。

そうすることによって、良い音感が身につき、初めて聴いた曲を音にすることが出来るようにもなり得ます。

また、ピアノを弾く動作においては、楽譜を読む力を付けるより、先生の演奏を〔真似る〕事からはじめ、豊かな音楽性を養います。


【豆知識】― なぜピアノが良いのか? ―

指先の反復運動はとても効果的な刺激策です。

まずは目や耳から情報が与えられ、その情報を正確に指先で動かす。この動作は非常にレベルの高い集中力が必要となり、結果としてそれが脳の発達を養います。

また、ピアノは左手と右手が別々な動きをするため、知能発達に効果があります。

ピアノ教室『キャトルスール』―Top page―

Copyright(c) 2013 Quatre soeurs. All Rights Reserved.